スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バックギャモンフェスティバル参戦記③

①→こちら
②→こちら

さて、今日はようやく実際に大会に行ったお話ができるかな、と^^

さて、受験時代からずっと、大学に入ったら出るぞと心に決めていた
日本選手権中級戦へ向け、ついに出発する時が来たのが10月7日の金曜日。

予約していた新宿行きの格安夜行バスは23時発と遅め。
バス停に早く着きすぎて、マックで時間を潰す。
バックギャモンブックでも読もうかと思ったがどうも気が乗らずw
その頃色々忙しくて頭が煮詰まっていた。こんなんで大会に出て大丈夫か?と思ったw

それはともかく、時間が来てバスに乗り込み、
ぐっすりと寝れたんだか寝れなかったんだかわからないうちに新宿に着く。

ただ仙台→新宿だと6時間ちょいしかかからんし、その中で消灯期間はさらに短いから
たとえその間はぐっすりと眠れていたとしても、やっぱり睡眠時間は足りない。
この前のように京都あたりまで行くと10時間かかるから、ちゃんと眠れるのだけど。

しかもね。新宿に朝6時に降りた時・・寒いのなんの!!
なんじゃこりゃ、と。いや東京ナメてたよ。仙台よりゃ温かいだろうと思ってたよw
もちろんその寒さは早朝だけの話だったのですけどね。
小学校のプールのシャワー浴びた直後以来のすんごい体の震えようで
新宿駅へと全力疾走で駆け込んだw

そして山手線に乗って目的地の渋谷駅へ着く。2年ぶり。懐かしい~~!
会場も2年前と同じシダックスホール。ただ、未だ朝7時。今行っても開いているわけないw
というわけでまたしてもマックに入り、生まれて初めて朝マックとかいうのを食べてみる。

ゆったりコーヒーを飲みつつ眠気を覚ましながら、持ってきたミニボードを広げ
時計回りに動かす側(左側ベアオフ)で駒を並べて一人ギャモン。

というのも、大会10日前から「最後の仕上げ」と称し
eXtreme Gammon相手に1日1試合、中級戦と同じ9ポイントマッチで
ガチで合計10試合を行ったのだが、考えてみれば全て反時計回りで
やっていたのだ・・・当然だが、頭を時計回りにも対応させておかないと大変なことになる。

ただ、以前は時計回りは苦手意識があったのだけれど
今ではほとんどないし、違和感もなくなった。
マックでボードを広げてちょいと動かしただけで、
ちゃんと頭も感覚を思い出してくれたのは幸いだった。

ちなみに余談だけどその「最後の仕上げ」10連戦の結果は10連敗だった(ぉ
まあでも、ここまで不運だと逆に、本番の頃には運が向いてくるだろうと
前向きに捉えておりましたwちなみに勝敗はダメでも、エラーレートの平均は
10試合平均の値としては初めて7を切っていたから、仕上がりは
自分にしては十分と言える自信はあった。

まあそれはともかく。マックで1時間半くらいゆっくりと過ごして、
その後渋谷の街を懐かしみながらあちこち歩いて、9時30分ごろになって
そろそろ良いだろうとシダックスホール2階へ恐る恐る行ってみると
あれ、普通に準備中wえ、開会30分前だしもう少し人いるかと・・・

中で座って待ってることもできたのですが、何か気が引けたので
もうしばらく外で待ち、開会10分前になって再び会場に入ると

これこれ!この雰囲気!
セレブ感満載の会場に、並ぶ大量のボード、そしてプレーヤー達。
2年前に初めて訪れ、一瞬にして憧れ、2年後は3日間とも参加するぞと誓った
あの舞台が、変わらずそこにあった。

モチベーションも最高潮。いよいよ、本番の大会が始まりました!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。

9pマッチ10試合平均でPR7以下はすごいですね。
私は相変わらずGnuBGなのでPRとは多少ちがいますが、ポイントマッチだと7点台といったところです。
1pだと3点台なんですが、ポイントマッチになりキューブとギャモントライのプレイがからむととたんに悪くなります。
難しいプレイが連続すると、10点をはるかにオーバーというのもちょくちょくありますしね。
まぁ、課題はわかりやすいのですけどね。

ではでは

No title

コメントありがとうございます^^

最近は違いますが、一時期まで僕は
バックギャモンをやってる時間≒XGとやっている時間
と言っても必ずしも言い過ぎではないくらいそれしかやってませんでした。
ネット対戦することも、本を読むことも、問題を解くこともなく・・・
(それが一番楽しかったのでね。いや、正確に言うと一番楽しいのは
生ギャモンかもしれないけど、周りにできる人いませんし^^)

その結果、色々常識がなかったり一手一手に自信がなかったりするくせに
PRだけは何気に順調に下がってきているんですね。
ただ、おそらく感覚の学習に頼ってるだけじゃそろそろ限界でしょうね。
幸い、他の種類の練習も楽しく感じてきているこの頃です。

僕もキューブの難しい場面が続くとかなりPRが高くなります。
正直、ギャモン始めたころは、スコア状況によってここまで正しい手が変わるものとは
思っていませんでした^^でもそこが面白いところですね~

プロフィール

Lovers Leap

Author:Lovers Leap
"Lover's Continent"というサイトを管理してますラバーズリープです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。