スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バックギャモン U-25合宿③

さて、今回の合宿では、4日間通してメインリーグというものが行われました。
参加者10人を5人ずつのブロックに分けて、
それぞれのブロックにeXtreme Gammonも加えた
合計6人による総当たり7ptマッチを行うというもの。

様々なメニューの合間に、空いている人を見つけて試合を進めていきます。
そして、全ての試合をXGやGNUのソフトを使って、第三者に棋譜を取ってもらう。
そして後から反省。この試合→反省というサイクルを徹底させることが
今回の合宿の目的の一つだったようです。

いやー、最初の試合は緊張しました^^
生ギャモンの経験が非常に乏しい僕。手つきが明らかにぎこちないw
ただ4日前に湘南ギャモンサークルに行っておいたのでまだ良かったですが。
そして、初めてのクロック使用。

でも、段々慣れてくると楽しくなってきました。
元々、youtubeで札幌オープン決勝の動画を見て、
クロックを使用する試合に憧れてたんで、あ、自分クロック使ってる!って思うと^^

そして何より、生まれて初めて、同じ世代の人とバックギャモンができているという快感。
いや、今までもネットで対戦した相手がたまたま
同世代だったということはあったかもしれませんけど、それとは全く違うわけで。

もうそれだけでも来て良かったと思いました。
試合もそうだし、その後のコンピュータの解析を見ながらの反省も含めて
同じくらいの年の人と一緒に話しながら、ああでもないこうでもないと。

そんなこと、当たり前に普段からやっている方もいるのでしょうが
僕にとっては初めての体験。だって今までは、家ではパソコンと向き合って自己完結
たまに生ギャモンをする機会があっても、そんな深い話にまではならないし。

そんなわけで、1日目は単に楽しいとしか感じませんでしたね。うん。

あとプレー内容も、エラーレートの数字だけ見たらの話ですけれど
自分にしては決して悪くなかった。これはちょっと驚いた。

というのも自分、パソコンの試合にしか慣れていないから、
たまに生ギャモンをしている時は絶対、
普段よりもプレーは悪くなってるもんだと思っていました。
でも実際に棋譜取ってみたら、大してそんなことはなく。

そのことを発見できたのも良かった。
これからは、生ギャモンする度に
「あー普段よりダメなことしてるよなしてるよな・・」
なんて疑心暗鬼になりながらプレーする必要はないなと。
生ギャモンで悪い手を打っても、それは生ギャモンへの慣れとかの問題でなく、
フツーに実力だと、そう素直に思えるなと。

つまり、生ギャモンに対し何となく抱いていて消えていなかった恐れが
なくなったと思います。

まあそんなこんなでね。1日目は本当に楽しかった。
今までやりたいと思っていたのにやれなかったことがやれたり
今までずっと疑問に思っていたことが解けたり。
あれ?合宿が始まる前に抱いていた不安感は一体なんだったのか?と。

まあ同時に、まさかそんな楽しいだけなまま終わるわけはないよなぁ、とも
思いましたけどね^^

さて、続きは次回の記事で。たぶん次で終わりか、な?
ただ、明日からちょっとサークル関係のセミナーに泊まりがけで出かけるので
次回の更新は3,4日後くらいになると思います。
スポンサーサイト
プロフィール

Lovers Leap

Author:Lovers Leap
"Lover's Continent"というサイトを管理してますラバーズリープです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。