スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有馬記念回顧

1着◎オルフェーヴル
2着 エイシンフラッシュ
3着 トゥザグローリー
4着△ルーラーシップ
5着○トーセンジョーダン

三冠馬恐るべしっ!
ちょっと格が違うレースをしてしまいましたねーw
まあスローペース自体は合ってると思うんですが
それにしても、あの位置から、ね。

ほんと、ヨーロッパの競馬合ってると思うし、来年行ってくれ!と思います。
例え日本で1,2戦負けたとしても行ってほしい。そんなんで諦めてたら
いつまでたっても勝てないから!

それにしても、ステイゴールドからこんな怪物が生まれるとは。
ステイゴールド産駒をずっと応援してきましたが、こんな日が来るとは思いませんでした^^

さて、そして2,3着馬にはやられましたねー。
まあこんなにスローになるとは考えもしなかったですね。
この展開だと、トーセンジョーダン<エイシンフラッシュなんですかね。

ただやっぱり、現4歳世代の見立ては戦前に言ったのと考えは変わりません。
「強い世代」ではなく「層が厚い世代」なのだと思います。
抜けて強い馬はいないんだけど、古馬G1を勝てる可能性のある馬が山ほどいる。

だから、毎回のG1で入れ替わり立ち替わり、現4歳世代のうちどれかが好走する。
去年のJCはローキン、去年の有馬はヴィクト、今年の春天はヒルノとエイシン、
宝塚はエイシンとローキン、秋天はダークとペルーサ、JCはトレイル、
有馬はエイシンとトグロとルーラー。

勝ったのは実質2レースだけなわけですが、しかし、毎回何かしらが来る。
力を出し切れない馬も毎回いるし、来る馬は毎回変わる。ローテーションのように。
それがこの世代なのでしょう。思えばクラシックの時からそうでしたね。

最後にブエナビスタについて。
これはあくまで僕の競馬観ですが、
"有馬で燃え尽きる"
これこそが、日本チャンピオンの去り際として最も美しい形であると思います。

テイエムオペラオーも、ゼンノロブロイも。タップもサムソンも。
一時、誰もが認める日本の頂点へと上り詰めた馬。
しかしピークは1年あまりで過ぎ去る。それでも、王座を完全には奪回されない。
2着3着が多くなるものの、毎回、毎回、好走してくる。
そして最後こそ復活勝利を・・・そんな期待を受けて出走した有馬。
しかしもはや、力は残っていない。
彼らは有馬で、生涯でも1,2を争うほどの完敗を喫し
完全に時代が終わったことを告げつつ、ターフを去ったのです。

特にゼンノロブロイとブエナビスタは自分の中でモロ被ります^^特に4歳以降。

4歳春はまだ勝ちきれなかった。しかし4歳秋にピークを迎え、誰もが認める日本チャンピオンに。
秋古馬三冠を、ロブロイが達成できてブエナが達成できなかったのは、ただの運の差でしょう。
ブエナだってJCは実質勝ちで、有馬も7cm差ですからね。

しかし翌年になってやや陰りを見せる。宝塚も、秋天も、JCも、
好走はすれど昨年ほどの強さではない。
ロブロイは1つも勝てなかったのに対し、ブエナは1つG1を獲りましたが
これも運の差という気がします。

で、ラストランの有馬。三冠馬との最初で最後の対決として盛り上がるも
期待に応えられず完敗。力尽きて、引退。

うーん、同じだ。そして、本当に美しい。
もちろんラストも勝って、底を見せぬままカッコよく去るのも、それはそれで綺麗です。
でも僕は、王者はちゃんと、燃え尽きた姿まで見せてから去る方が好きです。
一流牡馬の半分以上が3歳で引退してしまう欧州は、そこが勿体ないなぁと感じますし
そこと対比した時の日本の競馬の魅力の一つは、そこにあるハズ。

来年を担うオルフェーヴルの強さと、ブエナビスタの去り際。
良いものを2つ、見せてもらいました。



はいっ以上で秋競馬G1予想も終わりですね!
楽しかった。予想自体が楽しいというより、予想し、回顧することで
それぞれのレースや、出走馬に対する思い入れが上がりますね。
それで、より競馬が楽しくなる。新たな競馬の魅力に気付いたこの秋でした。
スポンサーサイト

有馬記念展望

中山大障害、メンツがしょぼめだから予想パスしたけど
良いレースでしたね。なぜか微妙なメンバーの時の方が好レース多いですよね^^

ほんと、マジェスティ2騎とマイネルネオスと、オープンガーデン、キングジョイ、
メルシーエイタイム、メルシーモンサン、バシケーン。この辺りが
G1で一同に会せば間違いなく盛り上がると思うんですけど
なかなかそうはいかぬ、ケガの多い障害の難しさ。

加えて、障害廃止の流れが出てきているという噂も。
正直、馬券売り上げも伸びないし、危険が大きいし
廃止と言われても反対とはなかなか叫べない複雑さがありますね。
僕は人馬とも最後のチャンスを求めて挑む障害が大好きですが。

さて、有馬記念ですね。やっぱこのレースは特別なんでしょうね。
みんなが買いたい馬を買う。夢を乗せて。それが伝統なのでしょうか。

でも僕は、秋にG1がまとめて三戦はちょっと多いのでは?とずっと思っています。
その全てに全力を出せる馬はなかなかいない。結果、有力馬が分散してしまい
どれも盛り上がりに欠ける、という事態になる年もある。
それはダート路線も同じで、今年はその結果、三強が一度も同じレースでぶつからなかった。

だけど考えてみると、少なくとも芝には、なくして良いレースがない^^
天皇賞は、世界的な主流である2000mのレースだから消せないし
ジャパンカップは、日本一のコースだと個人的に思う東京2400+外国馬を迎える世界的レース。

じゃあ、有馬記念は?正直、中山2500mは紛れ多いしどうなんだろう?
と、昔は考えていたのです。まあでも、最近、有馬もまたなくてはならないなと思ってます。
50年以上もの間、年末のお祭りレースとして続いてきた重みはやはり
どうにも変えがたい独特の雰囲気を生みだしていますからね。うん。

さて、今年はペルーサが回避ということでちょいと残念です。
誰かが言ってましたが、この馬は「常に何かをやってくれると思わせる天才」で
だけど「実際には何もやってくれない」という馬w(それは言いすぎですが^^)
ほんと面白いですが、今回の有馬でそのイメージからの脱皮を・・・と思っていたのに。

まあ良いや。とりあえずオルフェーヴルとブエナビスタの対決ですね。
僕はオルフェーヴルを取ります!

今年の3歳は弱い弱いと言うけれど、
実際は「弱い」のではなく「層が薄い」というのが正しいんだと思いますね。
オルフェーヴルとウインバリアシオンは十分古馬にも通用するくらい強い、と。

逆に4歳馬は強い強いと言うけれど、実際は「層が厚い」のでしょう。
「古馬G1を勝てるかもしれない馬」はたくさんいるけど、かといって
抜けて強い馬もまたいないんだと思います。

そういう意味で、オルフェーヴルがこれまでにやってきた破格のレースぶりは
十分信用してしまって良いと思っています。どの舞台でも他をあっという間に抜き去る
常識外れの瞬発力は、中山で出せないとは思えません。

一方ブエナビスタは、うーん。東京に比べると中山は得意ではないし
おまけに、やっぱJCが勝負レースだったようにどうしても見えますね。
ただこの馬は、アパパネと違って、勝負レースでなくても有る程度走れる馬ですし
おまけに最内枠も良いと思うので、ある程度の評価は必要かな~

それにしても今回なかなかのハイペースになりそうですね。
その意味で、トーセンジョーダンは外せない。前走スローでもちゃんと来たので
能力は十分ですが、やはりよりスタミナ勝負の方が良いでしょう。

調整内容見ても、かなり前走後の疲労を気にしている感じだったので
そこが心配なんですが、まあ天皇賞の後もそう言っててJCで完全に復活していたので
ほんと、タフな馬なんだと思います。ここも何とか乗り切ってくれるかも。

アーネストリーは先行馬、逃げまでありそうな馬が外枠。
おまけにハイペースに巻き込まれたらちょっと心配。
とはいえ、この馬も切れない。本気を出せれば最強クラスの馬だということは
宝塚でわかってしまいましたからね。

あと2頭いきますかね。

まずヒルノダムールですね。海外帰り初戦ということでの人気の無さでしょうか。
日本での実績的には10倍台で全く不思議ではないのに。
ちゃんとJCをパスして、間隔を取って出てきているし、
実際、調教内容は良い。力は出し切れそう。もちろん抜けた力はないものの
オッズとの兼ね合いで言えば最も面白そうな馬。

あとはルーラーシップです。この馬が穴馬となる時が来るとはね。
この馬、まだ休み明けでG1走ったことないでしょ?
休み明けの方がパフォーマンス良い傾向があるように見えなくもないし
その可能性に賭けるとしたら今しかない!

以上ですね。
いやーそれにしても、13頭立てで、勝てる可能性のある馬だけが揃ったという感じで
なかなか楽しみですね!正直、フルゲートになるよりこういうメンバーのが好きです。

◎オルフェーヴル
○トーセンジョーダン
▲ブエナビスタ
△アーネストリー
△ヒルノダムール
△ルーラーシップ

外国馬/JCDについて思うこと

先週のJCDは時間なくて予想書けませんでした^^
しかし、外国馬が好きな僕にとって、ちょっと言いたいことがあるレースではあります。

あ、その前にまず、先週まで散々書いた、外国馬についての補足。
僕はしきりに「実績が無い、足りない」などと言ってますけども
それはあくまで「アウェーで、走ったことが無い日本の馬場・ペースで、G1で
いきなり好走できるだけの実力を示した実績」がない、というだけであります。

もちろん、来日してくる外国馬たちは、本国ではそれぞれ相当なエリート馬であり
全て一流と呼んで良い馬でしょう。それに敬意を払わないわけではなくて、ただ、
それで日本で走れるか?というとまた別の話というわけですね。

でね。何を言いたいかといいますと
そういう意味ではね。実績がちょっと足りない、と言ってる馬であっても
前哨戦を使って一度日本のレースに慣れさせれば、全く変わる可能性もある。
そう考えてます。

最近の外国馬はほとんど前哨戦を使わないので、根拠はなかなかないのですけど
しかし、前哨戦と本番とでがらり一変した例は、身近な例としていくつかはありますね。
まあ日本の芝ではテイクオーバーターゲットとかですね。
あと障害ですが中山GJでは、そんなことはしょっちゅうですね。
逆に日本から外国へ遠征した時も、ナカヤマフェスタは2戦目でパフォーマンスを物凄く上げた。

もちろん、逆にパフォーマンスを下げてしまう場合もあります。
でもそれも考えもので、当然前哨戦より本番の方がずっとレベルが高いですから
実はパフォーマンスは落ちてるように「見える」だけかもしれませんよね。

そんなわけで、やっぱ、ヨーロッパとは馬場も違えばペースも違う、日本のレースでも
一度体験してから本番へ臨めば、全く違うはずだと思ってます。
ダンシングレインなんて戸惑いまくりでしたね。んで逃げるはずだったのに…に。
ヨーロッパ馬はスタート遅くて、しかも常にスローペースですから、
そんな頑張んなくてもハナ張れるわけで、彼女にとっての厳しさはケタ違いでした。

まあ、現状、日本のレースごときに前哨戦使ってまで本気で出てられっか!
という感じかもしれませんが、そうでもしなきゃそうそう勝てんぞ、
特に実績が微妙な馬はな…と、思いますね。


はい、そんな感じで続いてJCDについて。
今年もJCDへの外国馬はゼロ。でも、僕は、もう別にこれで良いんじゃないかと。

今まで、数々の実績馬が来ました。超一流まではなくとも(サマーバードorz...)
まあ一流半以上と呼べるところが毎年のように来ていました。ですが結果は・・?
惨敗に惨敗を重ねる。期待されてまあまあ走ったのはトータルインパクトの4着くらいでしょ。
逆に馬券内に入ったフリートストリートダンサーとロードスターリングは
実績が無くて軽視された馬でした。そういう格下馬がたまーに走るという、よくわからんレース。
これじゃあ、「世界vs日本だ!」と盛り上がれるはずもありません。

確かに、芝の国際レースでも、外国馬はわりと苦戦傾向にはありますが
ダートと違うことは、「たまに上位に来る馬が、"実績馬"かどうか」ということです。
芝は最近は、実績ない馬がぽんと上位に来ることはなく、やはり来るのは強い馬。
しかしダートは、先程述べたように、むしろ実績ない馬がたまに穴をあけている。

あとは、逆に日本馬が世界へと遠征した時のことを考えます。すると
芝の場合は、ヨーロッパ馬が日本で結果出す頻度と同じ位
日本馬もヨーロッパで結果出してますよね。もちろん、強い馬が遠征した場合ね。

しかしダートは?アメリカダート馬が日本でなかなか結果が出ない裏返しに
日本のダート馬がアメリカやドバイのダートで結果を出した例もまた非常に少ない。
先日引退したバンブーエールが最高のパフォーマンスかね。あるいはフラムドパシオン?
毎年、日本のダートでは超一流級が遠征しているのにね。

まとめると、JCDで外国馬が好走しないのは、
決して日本のダートのレベルが米のダートに追いついた、というわけではないということ。
ダートに関しては芝とは事情が違うぞ、と。

考えてみれば、アメリカは芝よりダートの方が格が高い国。ちょうど日本とは逆。
それはビッグレース名を見ても明らか。日本は「ジャパンカップ」「ジャパンカップダート」
米は「BCクラシック」「BCターフ」。わざわざダートと言うかターフと言うか。
メイントラックの方のレースはわざわざ馬場名を言う必要がない。

ふと日本を見てみると、2,3歳のうちにダートで強さを見せた馬は
ほぼ例外なく芝へ挑戦し(ダの番組の少なさもありますが)、そこでまずまず結果を出せば
その後はしばらく芝を使うことになります。

逆に、芝で既に強さを見せている馬が、ダートへ挑戦することなどあるでしょうか。
クロフネは単に天皇賞を除外されたからです。普通、芝からダートへの転戦は
芝で結果が出なくなってきた時に限られます。

すなわち、馬の絶対的能力のレベルは明らかに芝馬>ダート馬になるはずです。
1頭1頭の比較ではなく、全体の平均を取っての比較ね。
と、いうことは、逆にアメリカは当然ながら芝馬<ダート馬。

これら全てを考慮しても、日本のダート馬がアメリカのダート馬より格上であるはずはない。
なのに、遠征馬が走らない。全然走らない。G1ホースが来てもいつも8着まで。
そりゃ超一流クラスが来れば違うかもしれないが、でもね。一流で8着までですよ8着まで。
うーん…

その理由は偏に、まったく日本のダートとアメリカのダートがリンクしないということ。
まずペース。アメリカはハイペースで、潰れた馬から脱落していく感じ。
日本はそうでもない。まあでも日本のダートG1も
スローにはなりにくいから、まあこれは置いとく。

問題は馬場。散々言われていることですけどね。よくニュースでは
「アメリカと日本の"砂"質の違いに対応できず…」と書かれるわけですが
ちょい待て、と。dirtと英和辞典で調べて「砂」という意味はないぞ、と。

dirtって土、泥という意味。砂はsandですからね。
うん。つまり日本のダートはサンドと言う方が適切であります。
一方アメリカのダートはローラーで固められた土。よってなんと、
芝よりも時計が早いのです。←これはハイペースなことや高レベルなことも関係しますが。

森秀行調教師は、著書の中で、「人間に例えるなら、日本のダートは砂浜、
アメリカのダートは陸上のトラック」というような趣旨のことを述べていました。

うーん、ここまで全くベツモノなのです。日本とヨーロッパの芝の違いとは比べ物にならない。
これで結果がリンクするはずもなかった。

結局、日本ではあくまで芝のサブ的な扱いであるダートで
国際招待競走をしようという考え自体が、無理があったのだと今は思います。

まだJRAとしてはあきらめていないみたいで、今回中京競馬場が新しくなりましたけど
たぶん近いうち、JCDは中京に移動するでしょう。まあ、阪神のファンや関係者が色々言って
実現は遅くなるかもしれませんが。

新しい中京は、直線が普通位の長さになっています。
そして、アメリカと同じ左回り。距離も2000mというダートの王道距離を
芝スタートとかでなく、まともに施行することができる。

この中京で開催して、アメリカへ宣伝することになれば
またたぶん何頭かは遠征してきてくれると思います。
しかし…やはり結果は見えているのでは。サマーバード級が来てくれるなら別ですが。
そして、3年くらい外国馬が全く結果が出なければ、やはりまた
遠征しようと思う馬などいなくなってしまうでしょう。

僕は、もうJCDは諦めて、国際競争なのはもちろん良いですけど
国際"招待"競争なのはもうやめたらいかがか、と思います。
そして逆に、マイルCSを国際招待にしたらどうでしょうか。

マイルCSは、招待レースでない今ですら強い外国馬が結構来ています。
(まあ、レーティングある馬はだいぶJRAが遠征費負担してくれるという噂は聞きますが)
これをジャパンカップマイルにしてしまえば、ジャパンカップのマイル版みたく
機能してくれる可能性はあると思いますよ。

一方ジャパンカップダートは、もうダートチャンピオンシップにしてしまえば。
いや、ダサいな^^もう名前はどうでも良いけどね。
うん。招待レースの指定は解除して良いと思う。中山GJも外されたことですしね。


はい、今日言いたかったのはここまでです。
阪神JFはどうもね。2歳G1って予想するの僕はあんま乗り気になれない^^
レース色々見て、各馬について自分の中でイメージが出来上がっていると楽しいんですが
2歳G1はキャリア1戦やら2戦やらの馬がたくさんいてどうもね。
と、言うわけで、注目だけしておきたいと思います。

ジャパンカップ回顧

1◎ブエナビスタ
2 トーセンジョーダン
3 ジャガーメイル
4 トレイルブレイザー
5 ウインバリアシオン

いやー、スローでしたねぇ。
ハイにはならないと思いましたがここまでか。
あんま力通りの順ではないかもしれませんね。

しかし、上位2頭には文句の付けようがない。
ブエナの強さは言わずもがなですし、
ジョーダンは前走で超ハイペースでも来てるわけで。
強くなったもんですね。恐れ入った。

レースとして記憶に残るかはちょっと有力馬沈みすぎで
微妙か?とも思ったのですが、いやいや、それを打ち消す
「ついにブエナが勝ってくれた!」という嬉しさ。

別にファンではないんですけど、それでも
「待ちわびたよ!よかったな!」と思ってしまう不思議。
やっぱ日本を代表する馬にふさわしいですね彼女は。

あと外国馬に関しては、やっぱり今年も
基本は本国の実績に準拠した感じの結果でしたね。
硬い馬場が得意なシャレータが健闘しましたが、
所詮はあそこまで。やはりまず適正の前に相当な力がないとね。

デインドリームはさすがに力は見せました。
負けたということをだけを見て、「欧州の実績なんて日本では関係ないんだな」
なんて言う人は今年や近年の他の遠征馬の結果を見ろ、と。

デリケートな3歳牝馬が遠い日本へやってきてですよ。
出遅れてスローの中かなり後方に位置取って
外ぶん回して3着争いに絡むんですよ。
実績馬でなくては到底できないパフォーマンスでしょう。
スノーフェアリーと比較してしまうのはわかりますが、あちらは牝馬限定戦ですし。

ぜひ来年リベンジを期して欲しいですが
来てくれないかなぁ~

ジャパンカップ展望

さて続いて予想です。

外国馬について語るのに比べれば、レースの予想にはあまり力が入らないので(ぉ
まあちゃちゃっと行きましょうか^^

◎ブエナビスタ
○デインドリーム
▲トゥザグローリー
△ペルーサ
△エイシンフラッシュ
△ローズキングダム

やっぱデインドリーム本命にはできない。まだ確実に欧州一の強さとは言い切れなくて
おまけに、デリケートな3歳牝馬が海を越え日本にやってきたのですから
力を出し切れるとは限りません。ただ、ダンシングレインとは違い、
調整過程はスムーズに来ているようです。初めての競馬場でも尽く結果を残してきましたし
○にはできるかな、という判断。

ブエナビスタは前走は、いくら東京得意と言えど、この仕上げでは・・・と思いましたが
前さえ空いていればわりと際どそうな結果でした。そしてここは一気に調子を上げてきましたね。
最近負け続きでしたが、全部理由ある負け(しかも戦前に言える理由)だったと思いますし、
ここは最有力。さあ、年度代表馬の力を見せて!

トゥザグローリーは前走で復調の逃し。あの厳しい流れで早めに動いて見事な走りでした。
本来の力を発揮できれば元々G1でも上位に来れる馬です。今が狙い時では?

同じくエイシンフラッシュも前走強かったなぁ。しかも今回ダービーと同コース。
しかし外枠なのでトグロよりは下で。特にこの馬は
引っかかる危険があるだけに内が良かった。内なら○まであったかなぁ。

ペルーサは金曜1番人気はウケたwまあでも強いでしょう東京だし。調教も良い。
ただ、最高峰のレースだと一歩勝つところまで頑張れないイメージなんで△でw

ローズキングダムはあそこまで負けなくても・・・とは思ったが
まああんな特殊なレースの着順は気にしない方が良いんじゃないかなと。
前に行きすぎたしね。
東京では強いし、今回は普通のペースになるだろうから。

他馬は、なんかオウケンブルースリ面白いかもと思ってたりもするw
僕の中では調子戻してきてるイメージで、今回内枠活かしてもうちょい前行けば
一昨年の再現も・・・でも、あの頃よりは力ないし、まあムリかな。

ヴィクトワールピサは好きな馬なんだけど、有力馬の中で唯一の休み明け。
ドバイ勝ったけど、元々4歳の中で抜けて強い馬というわけではなく、
強い馬達のなかの一頭。特に、東京2400は彼には長い。ロンシャン2400ほどではないけどねw
中山のような小回りでないから彼の器用さも活かせないし、この揃ったメンバー相手では
馬券内まではちょいと疑問がありました。

ウインバリアシオンですが、
今年の3歳馬は一つ上に比べればやっぱ落ちると思います。オルフェーヴル以外は。
弱いとは思いませんが、やはりいきなりここで通用はしないかなと。

トーセンジョーダンは基本的に前走は度外視したいなぁ。展開が向きすぎたし
逆に展開のせいで潰れた有力馬が多すぎた。
まあ大外枠はこの馬にとっては大きな不利とは思わぬけど、
今回普通のペースになってまた馬券内に来れる程の力があるとは思ってません。
プロフィール

Lovers Leap

Author:Lovers Leap
"Lover's Continent"というサイトを管理してますラバーズリープです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。