スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012バックギャモンフェスティバル参戦記 第2回

大学合格後の自分とギャモン

二度目の挑戦は、去年でした。大学一年生の時です。

この年は、半年前に大学に合格した時から、
フェスへ行くことを決めていました。

「半年後までに、中級戦に出ても恥ずかしくない実力を付ける!」
と意気込んでね。eXtreme Gammonも購入して練習しました。

しかしこの半年間は、単に実力を上げるだけに留まらず
色んなことに挑戦した半年間でもありました。

大きな転機は4月でした。
僕がこのブログに、何気なくバックギャモンの記事を書いたら
なんと、あの望月正行プロからコメントを頂いたのです。

当時、ほとんどバックギャモン界との繋がりもない中で
雲の上の存在でしかなかった方からのコメント。びっくりでした。

それが元となって、代官山に行ったり、U25合宿へ参加したり、
バックギャモンフェス企画の1日1動画に投稿させて頂いたりしました。

何もかも新鮮だったなぁ^^特に合宿はね。

当時の僕は、今では考えられないぐらい心が安定してなかったよなー。
いや、あれですよ。別に深刻な意味ではないですよw

単にあらゆることへの経験が不足していて、
ちょっとのことですぐ動揺したり、すぐ喜んだり、傷ついたりしてたな、
という意味ですね。

でもその分、マジメすぎるぐらい真剣に取り組んでいたよね。
当時のブログを読めばわかる。今では見る影もないぜww

さらに、今でも自分のネットギャモン活動の根幹となっている
動画「バックギャモンをやろう!」のupも行っていました。

upする度に反応が気になって気になって仕方なかったなぁw
暖かいコメントが多くて、また、何人かのリアルギャモン勢の方からも
反響を頂いて、嬉しかったですね。

そんな中で、2度目のフェス挑戦となったわけです。


スポンサーサイト

2012バックギャモンフェスティバル参戦記 第1回

ひっさしぶりにブログを書きますよっと。

バックギャモンフェスティバルで、年に1度の貴重な体験をしてきましたからね!
ニコ生で振り返り放送を行い、頭の中もまとまってきたので、ここらで書きます。


このブログの趣旨

あ、まず始めに関係ないことを一つ。

ずいぶんと長い間ブログを更新していなかったこともあり、
「ブログを書いてくださいよ」みたいに言われることが時々あります。

そう言ってもらうこと自体は嬉しいですし、まったく構いません。

しかしながら、僕はそもそもこのブログを、
定期的に更新するものとは捉えていません。

たまに、twitterでは収まらない長文を書きたくなった時に
まとめて更新する。このブログは僕にとって、それだけの存在なのですね~。
一般的なブログとは、趣旨が違うということです。

よって、更新してない時も「サボっている」みたいな罪悪感は一切感じていないので
申し訳ありませんが、僕に更新を急かしたところで、何も効果はないよ、ということです^^;

ちなみに、「早く動画作ってくださいよ」なら、効果はあるかもしれませんww



今年もバックギャモンフェスがやってきた!

さて、本題だ。年に1度のバックギャモンのお祭りが今年もやってきた!
去年のフェスが終わった瞬間から、この日を楽しみにしていましたよー。

フェスを知らない方のために、ごく簡単に説明しておきましょうか。

フェスは日本中、いや世界中から何百人という
バックギャモンファンが集まる、日本最大のギャモンイベントです。

日本選手権、中級戦、初級戦といった大きな大会をはじめ、
数々のサイド大会や、バックギャモン学会、トークショー、記念誌など盛りだくさんです。

今年は10月6日~8日に行われました。

場所は昨年と同じ、渋谷シダックスホール。
セレブ感の漂うとても素敵な会場で、TJさんもおっしゃっていましたが、
居るだけで楽しくなる場所ですね!

その分、会場費が高いのはご愛嬌ですね・・・w
それでも、他の安い会場よりも、この会場が良いと思う派ですね、自分は。
雰囲気って何よりも大事だと思いますのでね。
年に1度くらい、良いじゃないですか^^パーッとやってもね。




これまでのフェスの記憶(1) 初挑戦

僕は今回、生涯で3度目のフェス挑戦でした。

初挑戦は3年前、高2の時でしたね。
バックギャモンを本格的に初めて間もない時ですね。懐かしい~。

初級戦に1日だけ参戦し、33人中15位という、
可もなく不可もなく、何とも冴えない成績でした・・・

まあでも、良いんですよそれは。
フェスというのはね。たとえ大会で良いところナシでも
楽しめるはずの場所なんです。

「日本中のギャモナーとの交流」ができる場なのですから。

しかしながら。
当時は、ギャモン界に知人がほとんどいない上、
僕自身、今をはるかに上回る人見知りでした。

ほとんど誰とも話さず、というのは言いすぎですが、
まあ、大した交流もなく、他イベントに参加することもなく、
ただ初級戦に出て、帰宅した、という感じかな・・・

つまり、まあゲームの面でも、その他の面でも、
存分に楽しんだとは言い難い大会でした。今だから言えますがw
正直に言うのは初めてかなw


でもね。

じゃあ「もう来年以降、行くことはないな」と思ったかって?
とんでもない!むしろ、その逆です。

僕自身は、存分に楽しむことはできなかった。

でも、まさに「大会」と言うべき緊張感ある雰囲気と、
まさに「お祭り」と言うべきみな笑顔とお喋りが絶えない雰囲気。

そんなフェスの魅力を、なんとなく肌では感じ取りましたよ。
これはすごいイベントだ!こんなイベントを、1年間の間
「楽しみ」とか「目標」にして生活できたら、なんと素敵なことかと。

それだけに、そんな素晴らしいイベントへ行きながら
十分には楽しめなかったことが、悔しかった。

また絶対に来てやる、と。
そして次こそ、楽しんでやる、と。

そんな気持ちでしたね。


高3になり、大学受験期に入ると、いったんギャモンを休止します。
本格的に初めて半年ほど。GNUbgのエラーレートはまだ11から12程度でした。

しかし、受験勉強をしながらも、ギャモンのこと、
そしてフェスのことは忘れませんでした。

大学1年生になったら本格的にギャモンを再開するんだ。
そして秋には、フェスへ行く!しかも今度は、中級戦に出場するんだ!と。
それが一つの、モチベーションでした。

そんなこんなで、1年後大学へ受かり、晴れてギャモンも再開。
その後の話は、また次の記事で~



うわー「2012バックギャモンフェス参戦記」と言いながら、
今年のフェスの話になるのは、もしかしたら第5回ぐらいになるかもしれぬぞww

まあ、良いよねwこれまでやってきたことを、書きたいだけ書き殴りますよw









最近のバックギャモン活動③

で、バックギャモンの話に戻るんですねw

日が変わって、今度はバックギャモンの望月プロとskype。
実は僕、バックギャモン協会のとあるお仕事を頂くことになりそうで
それについて、色々と教えて頂くための通話、でした。最初は。

しかし、その要件が一通り終わると、僕から持ち出したんですけど
ニコニコ生放送の話題に。最近結構活動が広がりを見せてるんですよ、と
報告させて頂きました。

すると、せっかくの機会なので、望月さんも生放送を試してみたい、という流れに。
そういえばかつて一回、JBLの掲示板にて、インターネット解説会を
ニコニコ生放送で行おうか、というような話が持ち上がっていました。
その時は結局なしになりましたが。

で、せっかくskypeで通話しているので、僕が生放送をするための準備を
色々とお手伝いすることにしました。といっても、僕は自分の体験を元にしつつ
「VIPで初心者がゲーム実況するには」のxsplitやアンコちゃんの解説ページを
ほぼ読み上げてただけなんですけどねw

そんなわけで、とりあえず僕が普段使っている
xsplit、アンコちゃん、棒読みちゃんの三種の神器(違)を揃えて頂いて
その場でプレミアム会員にもなって頂いて、僕のコミュでとりあえずテスト放送、という流れに。

ちょうどらふぃさんの放送も行われている最中でしたが、テスト放送開始。
急にまさかの生放送への望月さんの登場に、びっくりされた方が多いと思いますw
65が落ちたのでGridGammonで対戦。時々望月さんの解説が入ります。

そんな感じで、こんなことになるとは事前に全く予測していなかったのに
わずか1,2時間の間の話の展開で、僕のコミュから望月さんが放送するという
まさかの流れになったのでした^^

まあ今後、どのような風に話が進んでいくかわかりません。
何らか企画やビジネスをしようという時に、ニコ生という場を選ぶことが
選択肢の一つになることは間違いないでしょう。

コミュ参加承認制・コミュメンバー抹消制度・コミュ限定放送なんかを駆使すれば
色んな形式のイベントにも使えそうな気がする、みたいな話とかしました。

まあとにかく僕は、一口にバックギャモン活動といっても色んな可能性があると思ってて
ニコ生を活かすことで、その可能性が広がるならば良い事だな、と思ってます。


ついでに、深夜3時すぎに終わってらふぃさんの放送に戻ってみたら
なんとらふぃさんが65トーナメントでベスト8に入られてたり
チェスのシロトさんもベスト16に入られていたりと大盛り上がりでしたw
もうそんなこんなでなかなか寝られず、でも今日は完全休みだったから
全然良かったのですがね。


以上、最近1か月のバックギャモン活動についてでした。

昨日の話

※バックギャモンほぼ関係なくない記事になってしまったのでタイトルを一旦変えるw

昨日はすごい一日でした。

前日例によって深夜2時の65トーナメント参加してたら、
朝寝坊して1限遅刻したとか、そんなことはまあどうでも良い。

とにかく夜の話。サークルの会議から帰ってきた10時以降のことでした。
まずこれはバックギャモン関係ないんですけど、
人とのつながりってどこで活きてくるかわからんのだなぁ・・というお話。

元をたどれば僕が小6~中学生の頃かなぁ。WWAってのにハマってました。
WWAというのは、誰もが無料で手軽に、ブラウザ上で動くRPGを作れるシステムで
今でも利用されていますが、特にその頃は全盛期でした。

僕は製作はほとんどしなかったけれど、毎日のように色んなWWA製作サイトに行って
遊びまくってた気がします。で、その中でいくつか、面白いなぁと思ったサイトを
お気に入りに入れていました。

それで、高1の頃、懐かしいなぁとか思って、ちょっとお気に入りを漁ってて
なくなってるサイトもあったけど、残ってるサイトもあって。その中の一つは
大学受験のため更新停止中、ということでした。

なので、じゃあ受験が終わってもし更新再開されたら、もう一回訪れよう!
そして記念に何か書き込もう!なんて思ってて。
そして実際、僕が高2になり始める頃、更新再開されて。

つまり、僕より2学年上の方ですね。
それ以来、僕は「大学生活ってどんなだろう?」って興味からその方のブログをよく読みに行って
たまにコメントして。逆に僕の方のホームページにも来て書き込んで頂いたりして。
多少の交流が生まれました。

で、奇遇なんですが、その方は教育学部に在籍していて、教師を目指されているということでした。
自分も当時、進路は教育学部かなぁ・・・なんて考えいて、で、実際今そうなっておりますw
まさかそんなところで共通点ができるとはなぁ、なんて驚きましたね。

そしてなんと昨日はその方から、skypeのコンタクトが来て。
いや、実はもっと前から来ていたのに僕が気付かなかった・・・(笑)

そして、教育関係のとある件についてお話を頂きました。
そちらの大学で企画されている教育関係のイベントについて、
僕が協力できることがあるかもしれないということです。

まだ全然話は進んでいないのですけど。そういう他大学の教育学部の方と合同で
何かをする、というのは凄くやりたいなぁと考えていたことなんですね。
でも、全然機会がなくて。そんな時に、願ってもないお話。

でもまさかね~。小学生の頃に遊んでいたWWAの製作者の方と
今こんな形で繋がるとは・・・と思うとしみじみ、ですね^^

ともあれ、きっとこういう話には興味を示してくれる人が
僕の周りにもいるのでは?と思っているので楽しみ。とりあえず
ちょっと話が進んだら声をかけてみたいところです。

そういった会話を、ちょうど日が変わった頃まで
とてもワクワクした気持ちで行っていました。

最近のバックギャモン活動②

で、最近なにより嬉しいのがね。
僕のコミュ(Lover's Gammon Cafe)以外でも、バックギャモン放送が行われているんです!!

今最もたくさん放送されているコミュといえば、らふぃさんの「色々楽しんでみるコミュ」
普段は将棋や囲碁の配信をされている方ですが、
一週間ほど前から、play65でバックギャモンにもハマり始めたということで、
それ以来、頻繁に、play65の公式大会に日本勢で出場する放送など
とても楽しい放送をされています。

元々このコミュは700人ほどが参加されている大きなコミュだったので
その放送を見て、新たにバックギャモンに興味を持って頂いた方も何人もいらっしゃいます。
中でもmukuroさんという方は、自コミュニティにてバックギャモン放送を一回されていたようです。

また、僕も自分のコミュにてこのらふぃさんのコミュを紹介し、
バックギャモン好きの方をそちらの放送に誘導したので、最近は
バックギャモン初心者の方も経験者の方も、どちらも集まって賑わう放送になっています。
play65の公式大会が深夜2時なので、ちょい遅めの放送になりますが、オススメです。

その他にも、オセロ放送をよくされている、りばーさん(学生チャンピオン)や
春風さんも、僕の動画や生放送に来て頂いて、かつ自コミュニティでギャモンの放送も
やって下さることがあります。僕も春風さんのギャモン放送や雑談放送に
時々遊びに行かせて頂いています^^

さらに、チェス放送をよくされている、chrolineさんやシロトさんも、
最近そのplay65の大会に一緒に参加されています!
このお二人も、最近バックギャモン放送もやって下さっていました。

正直言いまして、ここまで色々なボードゲーム関係者の方にバックギャモンが広まるとは
思ってもいませんでした。改めてこのゲームの凄い力を感じます。
最近、一度に3つのバックギャモン放送が被る、なんて状況が起こったこともあるという
感動的な場面もありました!まさに今、ギャモンが勢いに乗っているということだと思いますw

そう。今はほんとに勢いがある。これだけ放送があちこちで行われていれば
全くバックギャモンを知らなかった方が、バックギャモンの存在を覚えてくれる可能性が
ぐんと増えているということですからね。
これが一時的なものだとしても、すごく意味の大きいことだと思ってます。

特に良かったな、と思ったことがあります。

元は、僕が一応チェス経験者なので(といっても実力はカス中のカスw)
チェス放送というのを見てみたいなと思い、chlorineさんのコミュ
「ばかっていったほうがばかなんです!」に参加したのが始まりました。

そしたら、chlorineさんも僕の動画を見て頂いたのかな?とにかく
バックギャモンを始められて、僕のコミュニティにも入って頂きました。

その後、先述のらふぃさんが面白いギャモン放送をされていたので
僕のコミュやtwitterで紹介したところ、chlorineさんもらふぃさんのコミュに参加し、
らふぃさんの放送にてplay65の大会にも出場されるようになりました。

その関係で、今度はらふぃさんがchlorneさんのチェス放送にも興味を持たれて
chlorineさんのコミュへ入会。さらに、今後チェス放送も行われるかもしれない、ということです。

つまり、将棋コミュ、チェスコミュ、バックギャモンコミュの3つが
三角的に繋がったんです!とても良い結果だなぁと思います。

これまでに書いたようなことが、ほぼここ一週間の間に起こったもんで
僕としては興奮の連続でしたw

一つ気がかりなのは、色んな方がバックギャモンに興味を持って頂いたのに
僕は、チェスはともかく将棋や囲碁、オセロはルール+ほんのちょびっとしかわからず
よって、お返しがなかなかできない、ということです。

まあでも、じゃあ興味がないのか?というと全然そんなことないので。
元々ボードゲーム全体に憧れがあるのです。

まあ今はバックギャモン活動が楽しすぎて、突っ走りたい気分なのでそれに任せて
じき行き詰る時もあるでしょうから、そんな時は気分転換として
他のボードゲームにも挑戦してみよう。そしてそんな時は、せっかく今回できたつながりを
大切にして、色々教えて頂こう。そんな感じに考えています。

逆に、他のボードゲームの配信者の方々も、時には息抜きに他のゲームを
やりたくなりことがあるのでは。そんな時に、その「他のゲーム」として
バックギャモンを選んで下さるような方が、これからももし増えていって下さったとしたら、
バックギャモンの地位も上がったもんだなぁ、なんて嬉しくなっちゃいますね^^


さて、次は、特に激動だった昨日の出来事を書きたいですね。でもちょっと休憩。

プロフィール

Lovers Leap

Author:Lovers Leap
"Lover's Continent"というサイトを管理してますラバーズリープです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。